インバウンド(コンタクトセンター)

CASE 05 リコール受付

過去に販売した家電製品に関し、至急、部品の交換が必要なリコールが発生。部品の調達ルート、対象件数は把握しているので、すぐにでもリコール対応を開始したい。しかし、対象件数が膨大であり、お客様の反響によっては社内での対応では追いつかない可能性がある。しかも初めてのリコールで、どのように対応したらいいのか、ノウハウもほとんどない状況。 数日以内にリコール対応を開始するにはどうしたらいいのだろうか? 導入事例を見る

インバウンド(コンタクトセンター) メーカー 受付窓口
CASE 04 事務局窓口

毎年不定期的に行っている、2ヶ月間の期間限定での商品購入者を対象にした応募キャンペーンについて、今年は全ての対応をアウトソースしてコストを削減できないかと考えている。 ただし電話でのお問い合わせ対応だけではなく、キャンペーン申込みがハガキであることや景品の発送までの全てを対応する必要があり、単なるコールセンター業務ではなく事務局として対応してもらえることが必要になる。 そもそもそんな対応をアウトソース出来るだろうか? 導入事例を見る

インバウンド(コンタクトセンター) メーカー 受付窓口
CASE 03 資料請求・問合せ受付

通信キャリアサービスに関する問合せ窓口を、現在は自社で設置しているが、メイン事業ではないので片手間で対応している。 従業員からは、入電も多く対応の手間が多岐に渡るため、新たに問合せ対応専門の従業員を雇用してくれと要望を受けているが、これ以上コストをかけて運用したくない。そもそも現在対応している従業員の手間もコストとして考えると、何かコスト削減、運用負担軽減の改善策を打つべきと考えている。 また、ただ問合せを受けるだけではなく、成約件数を伸ばすために未契約の入電を頂いたお客様へ資料を送付しているが、その送付率も伸ばしたい。なんとかならないだろうか。 導入事例を見る

IT インバウンド(コンタクトセンター) コスト減
CASE 02 クロスセル

売上げを伸ばすための戦略として顧客単価引き上げを実施しているが効果を見込めないでいる。 導入事例を見る

インバウンド(コンタクトセンター) 売上アップ 通販
CASE 01 アップセル

新規顧客の獲得をするため各種媒体に露出するも売上げは伸び悩み、事業として安定化ができない状態が続いている。 導入事例を見る

インバウンド(コンタクトセンター) コスト減 売上アップ 業務改善 通販